www.bcfotografia.com
自動車重量税、別称重量税は国産自動車とか海外の車というような愛車の国やプラグインハイブリッド車、ワゴン車など車体も例外なくたとえばレクサスやGM、などでも通常負担が必須なものです。新車登録の場合、あるいは車検の際に支払うものになります。この額はそれぞれの自動車の重さ毎に決められています。「自動車重量税」と「自動車税」は全然別の概念ですから基礎を学んで勘違いしないようにしてください。「自動車重量税という税金はクルマの重量毎に」「自動車税は自動車のリッター数毎に」税額が異なります。それで買い取りする際の対応も違ってきますし注意しなければなりません。クルマを手放すときには既に納めた自動車の額がいくら残っていた場合でも、その税金が還付されることはないのです。一方自動車税であれば、支払い済みの金額を査定額に足してくれるといったケースがなくはないですが重量税については足されるという場合はあまりないのです。重量税というのは売却時に既に支払った額が残存しているとはいえ自動車の業者の方でその事実が忖度される場合はまずないと思います。なので次回の支払いつまり次の車検まで売るのを少し待ち売却をするという手法が無駄は少ないでしょう。自動車の引き取りの時は考慮していただけない重量税でもあるケースだと還付していただけることもあります。その時は、車検期間が残っているクルマを廃車として処理する時。廃車申請をすれば残っている期間に応じた額が返金されます。ただし、買取の時はそのクルマが廃車されるわけではないので返金されません。また、手放す自動車の名義を変更した時や、盗まれた時なども返還してもらうことは不可能です。重量税の残っている期間があるクルマを手放すというのは車検期間がまだある中古車ということです。そういったことを業者も配慮しますので重量税が残存していれば、それなりに買取額が上がるはずです。当たり前ですが買取額は買取業者によってまちまちなのですが車検期間が残っている事実が考慮されれば所有車の査定額と比較するとあまり払い損ということもありません。